2014年06月26日

太宰府天満宮 御朱印帳

2014年5月13日(火)撮影

太宰府天満宮本殿の裏まで降りてきました
P1060256.JPG
大きな木があります


老松の社
P1060260.JPG
湯布院で宿泊した部屋名が「老松」だったのでお参り


2014年6月25日(水)撮影

本殿横で御朱印帳を購入しました
P1070586.JPG
太宰府天満宮 御朱印帳
透明ケース付きで\1500なり

P1070589.JPG
紫と黒ベースの梅模様です

実は・・御朱印帳デビューです☆

今までは可愛いお守りを購入していたのですが、「一年ぐらいたったら神社に返す」ということに自信が無くなったのです

最初の頁
P1070566.JPG
もちろん「太宰府天満宮」の御朱印
ここでも梅マークが可愛らしい

御朱印帳が入っていた袋にはこんな御歌が記載されていました

*御歌*

海ならず たたへる水の底までも 清き心は月ぞ照らさむ
                          菅原道真公

●訳
海どころかもっと深く水をたたえている深い底のように潔白な心は、
月こそが照らして明らかにしてくれることだろう。
●鑑賞
心底恥じるところのない我が身の潔白を、
だれにも見せることができないと嘆いた歌。
天にも恥じないという自尊心が、格調高く詠まれている。
『大鏡』時平(ときひら)伝は、時平によって九州大宰府(だざいふ)に
流された道真が、配所で詠んだと記している。
***古文辞書 - Weblio古語辞典ホームページより***

道真公の心の奥底からの叫びが聞こえてきそうな御歌です
のちに月が照らしてくれた結果が太宰府天満宮という所なのでしょうか?

古典や歴史が苦手でしたが、好きになると楽しいものですね

太宰府天満宮マップ
大宰府天満宮マップ.jpg
大きな木、老松の社、御朱印帳購入場所


*ぴかっぱのすぴ☆散歩*
太宰府天満宮【老松の社】:★★★★★★★☆☆☆(星7つ)

穏やかな場所でした


posted by ぴかっぱ at 06:18| Comment(0) | 九州旅行(湯布院ー博多) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。